オムライス

教科書か?ふわとろオムライスのオムレツの作り方【おまえらを救いたい】

よぉ、自称プロオムラ―のカトー(@stkrueuo)だ。

 

おまいら、

家庭じゃお店みたいなパカッふわッとろは作れないよ~

って諦めてないか?

まずはこれを見てくれ

多少はおいしそうだろ?

これを見てもまだあきらめるのか?
今回はそんなお前たちを救いたい。

もうタイトル変えたほうがいいかもしれない。これは「ふわとろオムライスを諦めたおまいらを救いたい」って記事だ。

誰よりも、オムライスを愛し、オムライスから愛された女だからわかる。
おまいらには、愛が足りてない。だが、全員がオムライスにこれほどの愛を注ぐのは不可能だ。今回は特別に、私が愛を注いでオムライスと対話したことで得たコツを教えよう。

今から私が教えるのあくまでふわとろオムライス正統派だ。
昔ながらのオムライス正統派という人は今すぐブラウザバックをすべきだ。

この記事はガスコンロ使いの方へ向けて書いています。

そんじゃ書いてくな。

ふわとろオムライスを作るために必要なフライパンの大きさは18cm

これは結論から言います。
ふわとろオムライスを作るために絶対に必要だったのは大きさ20cm~18cmのフライパンです。

これがないと絶対にふわとろオムライスは作れません。
説明する必要があるのかどうか、わからないですが説明します。

想像してみてください。
同じ量の卵を、大きいフライパンの淵に寄せた時と、小さいフライパンに寄せた時。
どちらが厚みがありますか?

もちろん小さいフライパンのほうが厚みが出ますよね?
小さいほうが曲線が急になるからです。

大きいフライパンの曲線はなだらかなので、細長い卵焼きのような物ができてしまいます。
たとえ、うまくいったとしても重いフライパンは、思い通りに動かせません。(ギャグではありません)

そしてフライパンでも焦げ付きやすいものはダメです。
なるべく鉄フライパンを愛用してほしいところですが、私もT〇ァールのフライパンを使っているののでそれはよし。

焦げ付きやすいものは、私でも失敗します。
20cmから18cmのフライパンを必ず購入してください。

私はTフ〇ール先生の20cmフライパンです。

【説明編】ふわとろオムライスのオムレツの作り方と重要なコツ

オメーら、覚悟はできってか?

ほらー!!起きてー!!カンカンカンカン!!カンカンカンカンカン!!朝だよ!!外明るい!!ねえねえ!!見て見て!!すごい!!外!!明るい!!!!カンカンカンカンカンカンカンカン!!カンカンカンカン!!起きてー!!カンカンカン!!

まずは材料編です。

 

卵 3つ
油 大さじ1.5(測る必要なし)

(あっさりはオリーブオイル、こってりはバターで)

卵は5分前ほどには取り出しておく。
解いた卵に、塩一つまみを入れて15分放置しておくと、なんちゃらの効果でおいしくなるのでおすすめ。やらなくても十分においしい。

 

ここで、一応ふわとろオムライスの定義を

ふわとろオムライスのオムレツは、皿を傾けた時タイヤのように転がる物を指す。転がらないものはふわとろオムライスのオムレツとは認めないものとする。

 

ふわとろオムライス、オムレツ説明編

まずは文章だけ眺めてみてください。

①油をひいて中火で熱する
卵を箸に着けて温度を測る
③卵液を一気に流し込む
フライパンを上下に振りながら箸でかき混ぜる
フライパンをガスコンロに打ち付ける
⑥固まってきたフライパン奥に傾けて手前から奥に卵を巻く
形を整える
⑧トントン開始(フライパンの持ち手でトントンして卵を巻く工程)
オムライスの口が手前まで返ってきたら、箸でひっくり返す
⑩慎重にご飯の上にのせて完成

赤色の②④⑤⑦⑨を詳しく説明していくよ。
こんな工程ふわとろオムライスに必要ねぇんじゃねーかと思うかもしれない。
でも、すべての工程に意味があるのでしっかり理解してほしい。

②卵を箸につけて温度を測る。

【写真で説明します】

箸に卵液を少しつけて油の上で線を引きます。
その時、フライパンの油がふつふつと卵を揚げていたらベストな温度になっています。
いますぐ卵液を投入じゃ!

 

④フライパンを上下に振りながら箸でかき混ぜる

【写真で説明します】

フライパンを上下に振りながら卵を箸でぐるぐるかき混ぜます。
この時卵はフライパンの側面についたものから固まるので、箸を外から中へ卵を入れ込むように混ぜましょう
ガスコンロは外から温まる性質があるので、中心部より側面のほうが温度が高いのです。

IHはこれとは逆の性質を持っているため、IHでオムライスを作るのが難しいといわれている

 

☆⑤フライパンをガスコンロに打ち付ける

 

この工程には、大きな秘密が隠されています
それは、卵ををフライパンから引きはがすことです。

初心者がふわとろオムライスを作るとき、必ずこの工程が省略されています。
ゲッと思った、そこのあなた。
あなたがどんなに頑張ってトントンしても卵がフライパンに引っ付いてはいませんか?

これこそが、プロが無意識にやっている最大の秘密です。
ガスコンロに打ち付けた衝撃でフライパンから卵がはがれるんです。

ちなみに、⑥の卵を奥に巻く工程が済んでからでもいいでしょと思うかもしれませんが、
せっかく奥に寄せた卵が崩れるので、初心者はNG。

というわけで、強めに2回フライパンを打ち付けるようにしましょう。

 

⑦形を整える

【写真で説明します】

この工程は、地味に大きな役割をはたしています。
それは、ふわとろオムライスの横漏れを防ぐことです。

ふわとろですから、中身はもちろん半熟です。
なのに、オムレツの横に穴が開いていたらどうなるでしょう。

もれますよね、確実に。

じゃあ、どうすればいいか。
卵の端っこを矢印の方向に押してください。
そうすると端っこがフライパンに接して、つなぎ目を完全に閉じることができます。

この工程は地味に大きな役割を果たしているんです。

 

⑨オムレツの口が手前まで返ってきたら、箸でひっくり返す。

自分から見て閉じ口がちょうど中心あたりまで返ってきたら、箸を使って一気にひっくり返します。
初心者はゴムベラがおすすめです。

ひっくり返したら、そのまま閉じ口を焼きます。(3秒)

⑥の卵を奥に巻く工程もゴムベラでやると失敗が少ないです。

 

どうですか、できそうですか?
いろんな情報が入ってきてパンクしそうになるかもしれませんが。
実践編で確かめてみましょう。

【実践編】ふわとろオムライスのオムレツ作り方動画

もう一度のせておくよ

①油をひいて中火で熱する
②卵を箸に着けて温度を測る
③卵液を一気に流し込む
④フライパンを上下に振りながら箸でかき混ぜる
⑤フライパンをガスコンロに打ち付ける
⑥固まってきたフライパン奥に傾けて手前から奥に卵を巻く
⑦形を整える
⑧トントン開始
オムライスの口が手前まで返ってきたら、箸でひっくり返す
⑩慎重にご飯の上にのせて完成

ここでは説明編で一切触れなかったトントン編についても解説していくな。

 

①油をひいてなじませる。

【写真は頑張って側面に油をなじませています】

油をひいて、よくなじませる。
なるべくフライパンの側面にも油をなじませるようにする。(気を付けて)

②&③&④卵液を流し込み混ぜる

箸に卵液を付けて、フライパンで線を描く
その時油で揚がるような気泡が出れば、ちょうどいい温度

卵液を一気に入れる。

フライパンを上下に振りながら、箸でかき混ぜる。
この時箸は側面についた卵を中に入れるように混ぜる

だんだん半熟化が進み、フライパンの接地面に卵の膜ができてきたら箸を止める。
混ぜている途中で、卵がかなり固まってきて箸が動かしにくくなったらやめよう。

このくらい↓

ここまで来たら、一度グルっと側面についた卵をはがします
そして、コンロにフライパンを強めに打ち付けます

⑥&⑦卵を奥に巻き形を整える

 

手前から奥へ卵を巻く。
動画でも破れていますが、初心者はゴムベラ推奨です。
破れてしまうと、のちにトントンが難しくなるのでやめておきましょう。

この工程まで来たら、必ず火を弱火にすること
次のトントンの工程は難しいので時間がかかります。

そのうちに火が通ってしまい、卵焼きになってしまうので必ず弱火にしましょう。

⑧フライパントントン開始

 

フライパンの持ち手(フライパンから7cmほど、少し持ち手が曲がり始めたあたり)を握りこぶしを作った別の手で強めに叩く。

フライパンの角度は10度、下に下げる。

赤い丸のあたりを、かなり強めに叩いてみてください。
トントンと書いていますが、ゴンゴンという表現のほうが正しいです。

すると卵が少し手前に帰ってきます。
この感覚が大切です。

最初の1回2回は失敗してもいいんです。
私は10回でも失敗しました。

ただ、今まで示した意味のなさそうな工程がすべてここで活きてきます。
あの工程を守っていないと、卵は返ってきません。
お願いします、しつこいですが工程を守ってください。

 

⑨箸でオムレツを一気にひっくり返す

ふわとろオムライスの閉じ口が中間あたりまで返ってきたら、一気に箸またはゴムベラで返します。(赤い線が閉じ口です)

 

 

箸を差し込んでフライパンの勢いを借りて一気にひっくり返します。
イメージは、 せーーーーーーーのっで勢いをためてから返す。

閉じ口を下に持ってくるようにひっくり返します。
そのまましばらく置いて、閉じ口を焼きます。

⑩オムレツ完成、だが気を抜くな

みんな、お疲れさま。( ;∀;)

でもここで油断しちゃだめだ。
帰ってくるまでが遠足だろ?皿に盛り付けるまでがオムライスだ。

ふわとろオムライスには実は明確な定義があると準備編で話したが、ご飯の上でもそれは同じだ。
ご飯の上でタイヤのように転がるため、安定できるポジションを見つけなければならない。

慎重に乗せような。(´ー`)

 

【練習編】ふわとろオムライスのオムレツ作り方

ここまでふわとろオムライスの作り方を熱く語ってきたが、少しはイメージが付いただろうか。

たくさん練習してうまくなるのが理想だが、そう何個も卵を無駄にはできない。
そんなあなたに、卵を使わなくてもできる練習法を授けよう。

用意するもの

濡らしたタオル
フライパン

濡らしたタオルをオムレツと見立てて、トントンの練習をしましょう。

タオルを丸めてこの状態を再現します。
オルが少しづつ、自分のほうへ返ってくる感じをつかみ取るのが目標です。

 

ふわとろオムライスコラム【さいごに】

ここまで読んでくれてありがとう…..
こんなに長くて意味のない記事は初めてだったでしょう。

ここからはゆっくりしてってね・・( ^^) _旦~~

実はふわとろオムライス専用のライス型がある

オムライスのチキンライス、どこに行っても同じ形をしていると思いませんか?
実は、オムライス用のライスの型が売られているんです。

その型はふわとろオムライスを作るためにできているようなものです。
型の角度が計算されていて、そのうえで卵をパカッと切ったとき、きれいに開くようになっています。

ですので、家庭ではなかなかきれいに開くことはありません。
自分も何とか、ライスを高く盛り付けて頑張っているのですが、お辛い身分です。

 

オムライスに牛乳や水、生クリームを入れてもいい

今回示した、材料には卵だけを使いました。
なれないうちは、卵に何かを混ぜると柔らかくなりトントンを失敗するケースが多いからです。

ですが、慣れてからはやはり牛乳や生クリーム、水を入れる人もいます。
果たして水でおいしくなるんですかねぇ・・(-_-;)

 

まとめ

最後まで読んでくれてありがとう!

読みにくい記事で疲れたと思うので、ゆっくり休んでね!

成功報告を問い合わせでくれるとうれしいです。
質問も受け付けているのでどしどし送ってください。

Twitterなどで共有してくれると、うれしいです!

本当にここまで読んでくれてありがとう!またね~(^▽^)/

ABOUT ME
カトー
節約&資格マニア。人呼んで、ポイント王。お得になることは何でもやるがモットー。パーティーの際は、私が買い物を請け負いこっそりポイントをいただくタイプ。