ネタ・お笑い・下ネタ

大学でサークルに入らないと鬱になる理由【回避方法あり】

大学で特に入りたいサークルもないし、別にサークルに入らなくてもいいかなぁ。
それに、高校では部活動一生懸命やってめちゃくちゃ疲れたし、大学ではのんびり過ごそう。
友達はそれほどいらないし、狭く深くでいいんじゃないかな。

この記事はそんなあなたへ向けて書いています。

 

・サークルに入らなかった場合友達は少なくなるのか
・友達が少ない場合に起こる副次的な大学生活の変化
・その後の最終的な大学生活の結果

 

この記事を書いている私は、現在大学に通っております。
1年生からサークルにも部活にも入っていません。
一人暮らし中です。

そんな私がどうなってしまったのか、さっそく見ていきましょう

 

大学でサークルに入らないと鬱になりやすくなる【断言します】

大学で、サークルに入らないと間違いなく鬱になりやすくなります。
言葉より見てもらったほうが早いのでサクッとこの会話を見てください。

 

例えば、大学1年生の5月の頃の私

カトー
カトー
やっと土日が来たドーーだらだらできるし最高や
サークルとか部活とか入ってないけど暇じゃないの?
カトー
カトー
サークルと部活とかそんなものに縛られたくないんだよね。
友達作りのためにサークル入れとかいうけど、「友達は狭く深く」って高校で習ったんや

 

 

やっほ~!今日はサークルでBBQをしたよ
バーベキューをしている人のイラスト
カトー
カトー
ふ・・ふーん・・楽しかったんだね・・・
サークルの仲間と1泊2日でUSJに行ってきたよ☆
遊園地のイラスト「お城・ジェットコースター・観覧車」

 

カトー
カトー
…………..
付き合って6か月記念に食事に行きました♡
キスのイラスト(男性から女性)
あれ?黒川さん?

 

カトー
カトー

 

 

 

 

 

・・・・死んでる

なんとなく、ご理解いただけただろうか?
大学生って、サークルや部活に入らないと一気に人脈が狭くなります。
そうなると、必然的に発生するイベントもすくなくなるんですね。(ゲーム風に言うな)

友達とか必要ないとか、イキっていたそこのあなた。
大切なものは失ってから気づくんですよ。

大学生でサークルに入らなかったら、鬱は案外簡単にやってきた

”鬱って、ちょっと精神の弱い人がなるんでしょ?”
”精神に重大な影響を与えるほど周りの環境が悪かったんでしょ。”
”抱え込みやすい人がなるんでしょ。”

ちょっとまてい!!!

確かに、少し前まで私もそう思っていました。
ですが実際は、簡単にすんなりと鬱になってしまいました。

上記のようになってしまう原因は、「やることがない状況」にあります。

やることがない状況を副次的に作っているのが、「友達が少ない」ということです。
サークルや部活に入っていなければ、絶対的に友達は少なくなってしまうのです。

だからサークルに入らないと、鬱になりやすくなってしまうんですね。

 

この手の鬱は段階を追ってやって来ます。
私の体験した、「鬱フェーズ」を追ってみましょう。

鬱フェーズその①:〇〇は今~してるんだな

これは誰もが初めにぶつかる初歩的な鬱です。

例えば、

陽気な方が(ソフトに包んで表現すると)自分の充実度をインスタグラムに投稿することを

別にインスタグラム登録していないし、関係ないや

と思ってないですか?

甘い!!

so sweet!!

その日は突然やってくる。

何を隠そう私は、陽気な方の手によってインスタグラムに登録させられてしまったのだ。陽〇ャによる陽キ〇のための陽キャのインスタ登録キャンペーンが、いつあなたを襲うかわかりませんよ?

それにこの情報源はインスタのみならず、人同士でも伝わるものなのです。
それを聞いてしまったが最後、ベッドに寝転がり、天井を見つめながら「今〇〇は~してるんだよな」と思う日がやってきます。

その時鬱への一歩を見事踏み出してしまうのです。

鬱フェーズその②:土日が嫌いになる

大学に入った当初、それはそれは授業が長くて「早く土日こないかなー」と毎日思っていました。これを見ているあなたも「土日が嫌いになるとかありえないっしょ」とおもっていませんか?

 

・・甘い!!!

 

一人暮らしをしているあなたなら、必ず土日が嫌いになる。断言します。

理由はたった一つ。どうしようもなくやることがないからです

やることがないので起きる必要がない、11時頃起きてベッドの上でyoutubeを見て気が付いたら6時になっていたので仕方なく飯を作る。そしてそれを明日も繰り返す。

訳がわからなくなりますよ。そのうち土日はお風呂も入らなくなりますよ(汚い

でも大学のある日は少なからず、友達と会うし、やることもある。学食で健康的な飯を食う。だからいつしか大学がある日を待つだけの土日になってしまいました。

こうして、私は土日が嫌いになったのです

鬱フェーズその③:早く夜が来ないかなーと思い始める

ファッ??!高校に通っていたころは「今寝たら次には学校に行かないといけないから寝ないでおこう」とまで思っていたのに。今考えれば異常だ・・・

ここまで来たら、本格的な鬱に片足突っ込んでます。まぁかくいう私はここまで来てしまったわけですが。

なぜこんなことを思い始めるのか、それは

「夜には寝るというやるべきことが一つできるから」。夜が来たら寝ればいい、夜には寝るという使命があるから。

え?なにいってんの???
でもコレ、何もやることがなくて鬱になってる人にとってはありがたいことなんですね。

不思議と夜だけは少しうれしい気分で寝ていました。

私は本気でこの段階を追っていました。
こういうたどっていくと証拠はないけど妙にリアリティありませんか?
これを見て、「この人本気で危ないところまで行ってたんだな」と思ってほしいです。

 

大学でサークルに入らない場合、鬱は不可避なのか

鬱はあなたが思うよりも簡単にやってくるものです。
大学でサークルに入らない場合、鬱は不可避・・・・

ではありません。

鬱は回避できます

当たり前ですが、自分が大学の青春をかけれることを見つけることです。
それは何でもいいんですが、一つ条件があって「自分への投資になること」です。

【例えば、「彼女を作る」ことに熱中する】

これも十分な投資です。コミュニケーション能力の向上、初対面の人にも物おじしない勇気、服のセンス、すべては自分への投資です。

就活を思い浮かべてください。
「あなたは3年間何をやっていましたか」と言われて一つだけ自信をもっていえることを作るんです。

「私は3年間彼女を作るために努力してきました」。極端な話こういうことでもいいんです。

 

その中でも特に、自分でベーシックインカムになりえる基盤を作るということです。
うすうす気付いているとは思いますが、収入を得るということは、サラリーマンになること一択ではありません。働き方はますます多様化していきます。

youtube、ブログ、fx、ここ最近で急激に聞くようになった単語ですよね。
これは全部、新しい収入の形です。

収入の基盤を作る、できれば大学生のうちに。
必ずあなたの強みになります。

 

大学生でサークルに入ってないけど、鬱は回避したいあなたはブログをやるべき

その中でも【ブログ】をお勧めします。
理由は

・ブログを始めるハードルが低い(初期費用の低さ)
・失敗のリスクがほとんどない
・成功のリターンはほかの副業などに負けない

しかし、みんなが陥りやすい失敗もあります。
それは、ノウハウコレクターになってしまうということです。

その辺は別の記事で解説していきます。

作業時間をまとめてとれる大学生だからこそ、収入基盤を作る絶好のタイミングなのです。
就活の時「オウンドメディアを運営していました」って超かっこよくないですか?
ブログで必要になる技術は、就活の場においても武器となる技術なんですよ。

 

まとめ

サークルに入らないと「やることがない」状況が生み出され、鬱になりやすくなります。
この状況を回避するために、「収入の基盤」を作り始めましょう。
大学生のうちにこれ持っているということは大きな強みです。

その中でも、リスクがほとんどなく初期費用も少ない【ブログ】を始めるべきです。

文系大学生にもわかる、ブログの始め方は別記事で解説しておきますので、自分を変える覚悟のあるあなただけがクリックしてください。

 

 

 

ABOUT ME
カトー
節約&資格マニア。人呼んで、ポイント王。お得になることは何でもやるがモットー。パーティーの際は、私が買い物を請け負いこっそりポイントをいただくタイプ。